龍踊りの歴史と基礎知識

龍踊りの歴史

龍踊り(じゃおどり)は、数千年前中国での雨乞いの儀式として行われていました。龍は玉を追い求めて乱舞します。玉は太陽、月を表し、龍が玉を飲むことによって、空は暗転し、雨雲を呼び、雨を降らせると信じられています。日照りに苦しむ、農民の祈りから始まった龍踊は、その後、お祝いや祭りの時に行われるようになりました。日本では、長崎の唐人屋敷(1689~ )の中で、毎年正月十五日(上元の日)に行われていました。享保年間に(1716~ )隣接する本篭町(もとかごまち)の町民が習って『おくんち』の奉納踊となりました。明治になり、諏訪町(すわのまち)に伝わり、最近では筑後町や五島町も参加しています。『おくんち』の花形として全国的に有名です。

唐館絵巻・川原慶賀

蛇踊から龍踊へ

龍踊り(じゃおどり)は、江戸時代から昭和20年代までは、蛇踊と書いてあります。しかし、県外の人に『じゃおどり』と読んでもらえずに、『へびおどり』と言われて困ったことが何度もあり、どうしたものだろうかとの論議が起こったそうです。学者や郷土史家など関係者が協議した結果、昭和32年から、くんちのプログラムが龍踊に変わり、昭和39年の無形文化財指定の時に、漢字は『龍踊』を用いて、ふりがな『じゃおどり』を付けるとすることになり現在に至ります。

長崎名勝図絵

龍とは?

外観は大きな蛇に似ていますが、思想的には雄雌一体の霊獣麒麟だと言われています。そして、狼の眼、獅子のたてがみ、馬の耳、鹿の角、鷲の足などが合体した想像上の動物です。
また、竜巻を表すおなかの紅白の模と、黒雲を表す龍衆(じゃしゅう)の黒の衣装によって、天に昇ろうとするようすを、あらわしています。

龍踊りの内容

龍踊りの演技には次のような種類があります。
①玉追い…体を上下左右に振り、くねらせながら玉を追いかけ、胴くぐりを行う。
②ずぐら(玉探し)…とぐろを巻き、胴体の陰に隠れた玉を頭が上下左右を探す。

玉を見つけたら、胴くぐりを行い、玉追いに戻る。以上の基本動作の他にねむり、竜巻、波、などがあります。

長崎古版画:溥儀龍踊図

龍囃子の楽器

龍踊りの楽器は6種類あります。

  • 長喇叭(ながらっぱ)…龍の鳴き声
  • 大太鼓(おおだいこ)…雷の音
  • 皺鼓・半鼓(かっこ・はんこ:通称パラ)…雨の音
  • 大銅鑼(おおどら)…風の音
  • 大中小の蓮葉鉦(ばっつお)…風の音を強調する役目
  • 小鐘・小鉦(こがね・こしょう:通称キャン)…中国情緒を表す音

などで構成されています。
上記の楽器を使って
①道行き(スロー)②打ち込み(アップ)③乱打を龍の動き
にあわせて演奏します。
龍囃子の掛け声は「チャーパ」とかけます。この語源は中国語の招宝(チャウバウ)が変化したもので、龍で宝を招こうとの願いが込められています。楽器についてはワンポイントレッスンで詳しく説明しています。

長崎古版画:溥儀龍踊図