西野亮廣さんの「えんとつ町のプペル」が、秋にミュージカル化が決定しました。

皆さんご存知ですか? 絵本から映画そしてミュージカル、いきさつのご報告です!

西野さんのスタッフさんから、私・河野に「ミュージカルのオープニングに龍踊を取入れたいので話を聞きたい」との嬉しい連絡があったのは2月10日頃、12日にSさんとお会いして説明したところ「是非西野さん本人に詳しく話をして下さい」となり、3月17日に東京・艸の枕事務所で、西野さんや数人のスタッフさんへ龍踊演技や道具の構造などお話をしました。

そして「稽古の演技指導をお願いします」となり、10月にまた何日かお手伝いに伺います。

いくつかの要素が併せて生れた「ゴミ人間・プペル」と、龍踊体験学習のコンセプト「いらない人はいない、みんなで龍になる」と重なるのです。私の勝手な想像ですが、西野さんお許しください。

人の繋がり凄いですね。偶然の関係者との出会いから、西野さんとお話したら龍踊を必要とされていると感じられ、必然的な関わりになりそうです。ミュージカル・えんとつ町のプペル、良い作品になるように全力でお手伝いをさせていただきたいと思っています。そしてこれからの多くの人との出会いの中で、ぜっと屋は更なる飛躍・登り龍になるように努力します。